個人輸入のコスト

  •  
  •  
  •  
 

個人輸入・海外通販ナビ > メニュー > 個人輸入のコスト

個人輸入のコスト

個人輸入ビジネスにはコストがつきものです。
かかるコストには次のようなものがあります。

 

◎輸入税(関税、地方税、消費税を合算したもの)
輸入アイテムの単品の価格が17500円を超えるようなものには関税がかかります。厳密には、関税、地方税、消費税の3つを足した輸入税が課せられます。

 

◎送料
海外から商品を輸入する方法として、航空便と船舶便の2つがあります。通常、航空便のほうが料金が高いですが、運送時間が短いので食品なんかを輸入する時には、航空便を選んだほうがいいでしょう。

 

◎サイト運営費及び広告費
個人輸入でビジネスをするのなら、輸入した商品を宣伝しなければなりません。そのための運営費や広告宣伝費などがコストとしてかかります。

 

個人輸入ビジネスではおおまかに言うと、これらの3つの経費がかかります。また、事業を大きくしていく場合、人を雇わなければなりませんので人件費も考慮しないといけません。

 

輸入ビジネスで利益を挙げるためには、これらの「コスト」というハードルを越えていく必要があるでしょう。そのためには、流行をうまく掴んで、売れるものを如何に安く仕入れることができるかが大変重要になります。

 

常日頃から雑誌やTVなんかで「流行り」をチェックしておくことが大事だと言えるでしょう。

 

 

 

PR:

 

大阪でのSEO対策はお任せください。ロングテールSEOからビッグキーワードまで、万全の対策を行います。
大阪のSEO対策

関連記事

メニュー

 

Copyright 個人輸入・海外通販ナビ All Rights Reserved.